サバイバルに挑戦!?竹でご飯を炊こう

12月2日に 農家民宿【いちばん星】にて、『サバイバルに挑戦!?』と銘打って【竹でご飯を炊く】イベントを開催いたしました。

身近なものを使って、里山を楽しむイベントが出来ないか思案していましたところ、屋根にしな垂れかかる【竹】を伐採したお話を聞きました。竹林はタケノコが採れますが、成長が早くどんどん増えてしまうので、伐採しなければならないそうです。

その厄介な【竹】を楽しいイベントに有効活用できないか、考えていますと…

小学校の頃に、竹筒で炊いたご飯を食べたことを思い出しました。今でも「あの時食べたご飯美味しかったなあ」という記憶があり、農家民宿での楽しい思い出になるのではないかと思ったのです。

また、いざというとき サバイバルに利用できるかも!?

これは10月に試しに炊いた、初めての竹飯ごうです。水加減で少し固いところもありましたが、なんとか炊けることがわかりました☆

いざ!イベント開催!!

イベント前日は風が強くて寒くて、慌ててホ○カイロを用意していたのですが、

快晴

でした!カイロいりませんでした!!

参加してくださったのは、小さなお子さんから大人の方まで 約20名のみなさんです。

応援に駆けつけて下さったのは、いちばん星の知人の方、農家民宿【森のふるさと】【塔前の家】、【かざぐるま】のとうちゃんとかあちゃんです!

まずは、【いちばん星】ご主人の星さんから竹林についてお話を聞きました。イベントで使用した竹はここから切り出したのですよー

早速、竹を加工して【竹飯ごう】を作っていきます。

ノコギリ、ノミを使って このような形にします。

お父さんとお母さんが手伝ってくださり、作業を進めました。ノミで打撃を加えます!!

竹飯ごうの身とフタが迷子にならないように、しるしを描いてもらいました。

ここでちょっと休憩~ 農家民宿【翠の里】のお父さんの手作り 竹かっぽん で遊びました。カポカポいい音がしました笑

いざ、炊飯開始です。上手くたけるか、ドキドキします。40~50分待ちまあす。待ってる間に、竹のお皿を作りました。

みなさんすっかりノコギリの扱いにも慣れて、すぐに竹のお皿も出来上がったので、マシュマロをあぶって食べました笑

いよいよ炊けましたよ~竹の外側が焦げてしまったところもありましたが、なんとか美味しそうなオコゲが出来ました!先ほど作った竹のお皿にご飯を盛って

いただきまああす~

みなさんの笑顔を見ることが出来て、本当に嬉しかったです。

イベントに参加して下さったみなさん、たくさん竹を加工して準備して下さったみなさん、お声がけをしてくださったみなさん、みなさんのおかげでイベントを行うことができました。本当にありがとうございました!!