タケ飯盒、炊飯ヲ開始ス

農家民宿 翠の里さんの庭には、バーベキューのできるカマドがあり、そこにタケ飯盒をかけました。 お米が炊き上がるまで、だいたい50〜60分かかります。 その間に、翠の里のお父さんと手作りした、タケけん玉やタケかっぽん、マシュマロを焼いて食べました。 タケけん玉は、作る時に微妙に紐の穴の位置を変えたり、紐を長くしたり、難易度を変えました!参加者さんもそれに乗ってくださって、しばらく挑戦してくれました! 寒くて暗くなるまで、はなみず垂らしながら作ったかいがありましたね!お父さん!! タケかっぽんは、静かにみなさんでカポカポしました笑 コンクリートの上を歩くと何ともいえない良い音がしました。 そしてやっぱり、タケけん玉に挑戦している写真を撮り忘れました!何してるの私…!! 火にかけたタケの切口から蒸気が出て、フタの隙間から湯気がたちのぼり、タケが真っ黒く炭化して…あれれ?タケ燃えてません?