藍ちゃんの健康診断

前に、南相馬市産の藍の葉で蒅(藍の葉を発酵させた染料の素)を作り、発酵させている『若い藍ちゃん』を小高の日鷲神社さんに見せていただきましたが この日も農家民宿のお母さんにくっついて 藍ちゃんの健康診断に行きました。
藍ちゃんの健康状態は、液温とpH値、モコモコと液面に集まった『藍の花』の様子で診ることが出来るそうです。

蓋を開けますと、おおお! 前回よりも『藍の花』が広がっているのがわかります。お母さんが、昔ながらの健康診断方法で 指を『藍ちゃん』にさっと浸して ぺろり。酸味もなく、健康的だそうです。失敗すると、酸っぱく腐敗してしまうのだとか。ちなみに下1枚目の写真が前回の藍ちゃんです。2枚目が今回の藍ちゃんです。『藍の花』の量が全然違いますね。めざせアフロ笑



職人さんが作った蒅ですと、発酵させ始めて1週間ぐらいで『染め』ができるようになるそうですが、南相馬市で作った『簡易蒅』は2ヶ月かかるそうです。
自宅で作った蒅ですから、ゆっくりゆっくり発酵するのですね。(>_<)