大義である

野馬追2日目です~ちょこっと早起きして、交通規制前にお行列を見に行きました。全403騎だそうです!
つまり、403頭の馬が見られるのですね!楽しみです。
武者と騎馬の給水を行っているお店の前におじゃましました。

ここでお行列の解説もしてくれているようです。集合場所に向かう騎馬も見ることが出来ました。・・・出勤してくみたい笑

花火と法螺貝を合図にお行列が始まりました。伝令のために駆け足で過ぎる騎馬もあったり迫力があります。

朝からむわっという暑さで、騎馬も武者も本当に暑そうでした。水飲み場に馬が何頭もやってきて美味しそうに水を飲んでいました。

はて。喉がカラカラのはずなのに、なかなか水を飲もうとしなかったり、口をつけてもすぐに行ってしまう馬がいます。
また、「ホース貸して」といってホースから直に飲むこもいました。後ほど、たまたま知り合った馬丁さんに聞くと、
他の馬の匂いがする水桶では水を飲まなかったり、ホース派のこがいたり、ホース派でも他の馬が咥えたのは飲まなかったり
とあるそうです。競走馬として大事に大事に育てられるとそうなる傾向があるのだとか。へえ~

こちらは、行列の末尾を行く 馬の落とし物を運ぶロボットです。さすがロボットの街 南相馬!・・・ただし集めるのは人力です!

お行列の目的地は、祭場地です。ここで甲冑競馬と神旗争奪戦が行われました。神旗争奪戦は、花火に詰められた神社の名前が入った旗を騎馬が取り合います。地面に落ちた神旗は無効だそうですよ。
暑い中本当にご苦労様です。

おわかりいただけるだろうか・・・画面中央右側 雲の中に水色の神旗が・・・

夕方は、小高区に行きました。お帰りの行列と火祭りを見るためです。祭場地のある原町区から小高区に戻ってくる騎馬武者を迎えるためのかがり火が お祭りの始まりだそうです。

こちらは小高郷 郷大将のお宅です。この陣幕のなかで出陣準備を整えられます。

神事の後に、点火の合図の花火が上がって火祭り始まりました!

曲に合わせて花火が上がったり、かがり火(みなさん火の玉とよんでたよ)とのコラボがきれいでした。

ちなみに 火の玉の正体はコレ。手作りだそうです。

さて、3日目は 小高区での野馬懸と 今年復活した小高区神旗争奪戦です