柿餅とかき餅

シェアする

先日の雪とは打って変わって、鳥取はおだやかな日です。
我が家のネコも気持ちよさそうに寝ています。

まだ南相馬にいるときに、南相馬の郷土食「柿餅」を教えてもらいました。
干し柿を餅に搗きこんだお餅で、ほんのり甘さが特徴だそうです。

昨年柿が不良で例年よりも干し柿が作れなかったとお聞きしましたが、その貴重な柿餅をゲットして食べました。何もつけなくてもバクバクいけちゃう 素朴な甘さが絶妙なお餅でした(^_^)b

そして帰省してきて知ったのが郷土食の「かき餅」です。

え!?かき餅?

南相馬のように干し柿が入ってるわけではなくて、私が購入したものには 黒大豆、緑茶、ゴマが練り込まれていて 食塩や砂糖も加えられています。
お餅を薄く切って干すそうです。福島の「凍み餅」のお仲間でしょうか?(ふくしまプライド。ページ)
鳥取でも「かき餅」は冬の風物詩だそうです。(朝日新聞デジタル記事)
トースターで焼いて食べました。しっかり味がついているので何も付けずに ペロッと食べられました(^○^)

くっついたのをひっぺがしたので グニャグニャになってしまいましたが(^_^;)
子どものおやつとして親しまれてきたそうですよ~。

南相馬の「柿餅」も鳥取の「かき餅」も 又食べたいです(^-^)